九份小旅行(1)レトロな街並みの「九份」へ足を伸ばそう

2010-12-05 (日) 20:41 | 観光スポット |

台北から東部幹線で約40分〜50分のところにある「九份」(ジュウフェン)は昔ながらの街並みが美しい場所。昔は東洋随一の金鉱があったので、かなり栄えていたそうですが、鉱山の閉鎖にともない街は衰退。ところが、その古めかしい街並みを気に入った芸術家たちがここに工房を開、それが観光客を呼ぶようになり、いまや観光地としてたくさんの観光客が訪れる街に。映画「悲情城市」の撮影にも使われました。

ちなみに、もともと9戸しかなかった小さな集落で交通が不便だったため、品物を補充するときに毎回9セット買うことから九份とついたそうです。

台北駅構内に台湾鉄道台北駅もあるので、そこから乗って「瑞芳駅」下車。地球の歩き方の時刻表には、停車駅がすべて書いておらず主要駅だけだったので、若干焦りました。

PB053807.jpg

窓口でチケットを購入。

PB053809.jpg

自強号で50元。あまり停車しない早い号だと80元ぐらいになるみたいです。

PB053812.jpg

ちなみに電車内はかなり寒いです。台湾のMRTも台湾鉄道も車内は冷房がきいているんじゃないかと思うぐらい冷えるので、はおるものは必須。目の前にいたカップルの彼が着ている服に吹き出しそうになりました。

PB053813.jpg

瑞芳駅は駅自体も雰囲気があってすごくいい。

PB053815.jpg

基降客運「金瓜石行き」バスが出ているのでそれにのって「九份」下車。片道30元。道路をはさんで向かい側のバス停から乗ります。ここで気をつけたいのは、バスは基本的にはお釣りがでません。なので、バスに乗る前に小銭を用意しておくこと。前からのって先払いです。

私たちは小銭がないので、あわてて近くのコンビニで別に欲しくもないチョコレートを買うハメに…。

PB053819.jpg

バスの乗客は全員九份で降りました。少し坂道をあがっていくと看板があります。細い遊歩道沿いの両端に多くの店が立ち並び、人でごった返していて、まるで京都の清水寺の前の二年坂を思い出しました。

PB053821.jpg

まさに観光客スポット。道沿いには、食べ物や、雑貨屋、お土産屋が色々あってゆっくり見てまわりたいのですが、人に押されてゆっくり見るのもままならず…。修学旅行生?(台湾にもあるのかどうかしりませんが)らしき学生さんもいっぱいいます。

PB053824.jpg

そんな中、すこし小腹がすいたので、「九份老麺店」に入ることに。2階に通され、そこでいつものようにオーダー票にチェックをいれて店の人に渡すと数分で持ってきてくれます。

PB053825.jpg

私はワンタンメン(45元)。

PB053827.jpg

相方は牛肉麺(80元)。

どちらもあっさりとしたスープに麺は細い平めんでちゅるんと入ります。

PB053831.jpg

あまりの人の多さに辟易して、少し細り路地道の階段を降りていくとこんなサインを発券。「黄金博物館」って何だ?!

言ってみたら閉鎖中でちょっとがっかり。なんだったんだろう。

PB053834.jpg

こういう細い路地に入った芳が雰囲気よくて好きなのですが、この日は生憎の雨。天気だったらもっと良かったなぁ。これはそこで見かけた苔むす石段です。

PB053838.jpg

お店を通り抜けると開放的な眺望がぱっと開けます。右側には海が広がっていて、山間にぽつぽつみえる家。ちょっと天気が悪いのが悔やまれます。

PB053843.jpg

そして何故か猫がたくさんいるのが九份。

PB053845.jpg

人に慣れているのは、おそらく観光客がエサを与えるからでしょう。

PB053847.jpg

すっかりリラックスしている猫さんたち。

PB053856.jpg

「なんだ、お前?」と見つめる犬。わりと犬たちも自由気儘にのんびり歩いてます。そういえば台湾では犬をお店の中で放し飼いしてるところが結構多いです。

PB053859.jpg

「なんや、かまわんといてんかー」と言いたそうな子猫。すいません。。

PB053861.jpg

そして、ちょっと歩いたところに休憩場所があって、いくつか遊具が置いてあったのですが…キティちゃんなのか、ミッキーマウスなのかはっきりしろと言いたいねずみ。そしてリボンの代わりに謎のリンゴが…。

PB053862.jpg

ピンク色のピカチュウとトーマスさんですか…?と聞きたくなる彼らに関しては…もう何も言いますまい…!!

相方がこの旅行中で一番受けてました。。

次回は、九份茶芸館でほっこり台湾茶をたのしみます。

2010-12-05 (日) 20:41 | カテゴリー:観光スポット |

こちらの記事もご一緒にどうぞ

PR

海外でも自由にインターネットに接続したい方へ

定額のモバイルWi-Fiルーターを持っていけば、海外でも料金を気にせずiPhoneなどからtwitterやfacebook、mixiに投稿したり画像をアップしたりできます。複数人で使用できるので、カップルや家族、友人などいつも一緒に行動するのであれば携帯の海外パケット定額に申し込むより断然お得。

エクスコムグローバルのWi-Fiを今回使いましたが、台北市内・九份エリアはきっちりつながりました。おすすめ。レビューと他のモバイルWi-Fiの比較はこちらの記事をご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを投稿する