お粥がこんなに美味しくていいのか?!「糜家荘」の中華粥

2010-12-23 (木) 2:29 | 台湾グルメ |

日本のお粥というと、シンプルに炊いたご飯とお湯でくつくつと柔らかく煮込んだもの。それに梅干やかつおぶしなどと一緒に食べるのが一般的。どちらかというと病人食、というイメージがあると思います。

かわって中華粥はわりとしっかりめに味付けしてある上に具もたくさん入っていて、病人食というよりは、普通に晩ご飯にしても朝ごはんにしてもいい感じ。

台湾でも、せっかくだから美味しい中華粥が食べてみたくなり、絶品粥と評判の「糜家荘」(ミージアヂュアン)に行ってみました。

PB033620.jpg

お店は比較的新しく広いです。オーダーも日本語メニューがあるので安心。

PB033605.jpg

こちらが薬味。生姜とねぎと…一番右端のがちょっとくせのある味のマヨネーズ的なやつ。。

最初に注文したのは、醤焼可魯骨(ジャンシヤオクールーグー)という骨付き豚スペアリブ。110元(約330円)です。

PB033612.jpg

甘いたれにしっかり漬け込んで焼いてあって、骨まで美味しいこのスペアリブ。

PB033614.jpg

ビニール手袋がついてくるので、そのまま手でもってがぶりとかぶりつくのが一番美味しい食べ方。骨のところを歯でこそげとるように食べるのですが、かなり食べごたえがあって美味しい。

そして、こちらがメインの北茹滑鶏粥(ベイルーホワジーヂョウ)。しいたけと鶏肉のお粥です。小鍋なら1~3人向けで300元(約900円)ですが、二人だと結構な量なのでかなりおなかいっぱいになります。

PB033616.jpg

お味の方は、中華スープのあっさりとしつつも鶏肉としいたけのだしがしっかりでていて、深みのある美味しさ。そしてこのしいたけのプリプリ感はどうでしょう。私は今までしいたけってそんなに好きでもなかったのですが、このしいたけは本当に絶品。しいたけだけ何個も食べたいぐらいです。

PB033618.jpg

こんなに大きな鍋を二人であっという間にたいらげてしまいました。あぁ、これが日本で食べられたらいいのに!と思わずにはいられない、そんな絶品粥。ちょっと夜中に小腹がすいたなーという時でも、夜中の3時、4時までやっているので、ぜひぜひこちらまで足を伸ばしてみてくださいね。

糜家荘(ミージアヂュアン)
所在地/台北市吉林路226号(最寄り駅 MRT雙連駅)
TEL/(02)2541-7366
営業時間/日~木17:30~03:00 金、土17:30~04:00
定休日/なし

2010-12-23 (木) 2:29 | カテゴリー:台湾グルメ |

こちらの記事もご一緒にどうぞ

PR

海外でも自由にインターネットに接続したい方へ

定額のモバイルWi-Fiルーターを持っていけば、海外でも料金を気にせずiPhoneなどからtwitterやfacebook、mixiに投稿したり画像をアップしたりできます。複数人で使用できるので、カップルや家族、友人などいつも一緒に行動するのであれば携帯の海外パケット定額に申し込むより断然お得。

エクスコムグローバルのWi-Fiを今回使いましたが、台北市内・九份エリアはきっちりつながりました。おすすめ。レビューと他のモバイルWi-Fiの比較はこちらの記事をご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを投稿する