夜市巡り(1)食べ物の屋台が9割!のんびり楽しめる「寧夏路観光夜市」

2010-11-29 (月) 15:47 | 台湾グルメ |

有記銘茶からほど近い場所に夜市があります。「寧夏路夜市」(ニンシャールー・イエスー)という名前の夜市で、士林夜市と比較するとかなりこじんまりとした夜市で、ほぼ食べ物の屋台ばかりです。

PB033578.jpg

この龍をあしらったロゴマークが可愛い。

PB033579.jpg

実を言うと、私は台湾でここも含めて3つの夜市の行きましたが、この夜市が一番好き。士林(シーリン)ほど人が多くないからのんびり屋台を見ながら、ゆっくり選べます。士林のようにぎゅうぎゅう人におされたりこづかれたりすることもないし。結局最終日にもきてしまったほど。ちなみに相方の知り合いの台湾の方も、士林夜市は日本人の友だちが来た時しか案内しないよー、人が多すぎる、とのこと。

PB033580.jpg

ここの夜市も日本人の姿はそれほど見かけることもなく、地元の人や、若い学生さんたちがふらっと寄って食べて帰るみたいな、そんなアットホームな雰囲気です。

そんな中、最も人気を集めて行列が出来ていたのがこの屋台。

PB033586.jpg

蛋黄芋餅と香酥芋丸。蛋は玉子を意味します。どうやら、いろんな雑誌に掲載されたようでその記事のキリヌキが屋台の前にいくつか貼ってありました。

PB033587.jpg

蛋黄芋餅は干し肉とアヒルの卵黄を塩漬けしたのをタロイモで包んで揚げたもので、一個20元。香酥芋丸がプレーンなやつ。前者を5つオーダー。お姉さんが手際よく包んで揚げていきますが、揚げるのにちょっと時間がかかるためすぐ行列ができちゃいます。一気にたくさん揚げるので進むのも早いですが。

PB033590.jpg

アツアツ!

中身はかなり塩気があって濃厚。小ぶりなのに3つ食べると結構おなかにきます。不思議な味。これは日本では食べたことない味だなぁー。今度はプレーンも食べてみたいところ。

お姉さんの手際よさがすごいです。

結構お腹がいっぱいになったのとさすがに寝不足でホテルに帰ってすぐ就寝。初日なのにお昼に着いたら結構まわれるもんですね。満足。一日目はこれにて終了。

2010-11-29 (月) 15:47 | カテゴリー:台湾グルメ |

こちらの記事もご一緒にどうぞ

PR

海外でも自由にインターネットに接続したい方へ

定額のモバイルWi-Fiルーターを持っていけば、海外でも料金を気にせずiPhoneなどからtwitterやfacebook、mixiに投稿したり画像をアップしたりできます。複数人で使用できるので、カップルや家族、友人などいつも一緒に行動するのであれば携帯の海外パケット定額に申し込むより断然お得。

エクスコムグローバルのWi-Fiを今回使いましたが、台北市内・九份エリアはきっちりつながりました。おすすめ。レビューと他のモバイルWi-Fiの比較はこちらの記事をご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを投稿する